すべてのオプション
stretch  ] [  buster  ] [  bullseye  ] [  bookworm  ] [  sid  ]
[ ソース: make-dfsg  ]

パッケージ: make (4.2.1-1.2)

make に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

make-dfsg ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

コンパイルを制御するユーティリティ

GNU Make は、プログラムのソースファイルからプログラムの実行ファイルやその他の 対象ファイルを生成する作業を制御するユーティリティです。大きなプログラムの どの部分を (再) 生成すべきかを自動判定し、その (再) 生成に必要なコマンドを 発行します。Make は入力ファイルに基づいて、対応する入力の更新に応じて対象 (ファイル) を更新する必要があるどんなタスクに対しても利用できます --- コンピュータプログラムのビルドに限りません。まさに、Make は汎用目的の 依存関係解決ユーティリティなのです。

タグ: ソフトウェア開発: ビルドツール, 実装言語: C, ユーザインタフェース: interface::commandline, role::program, 対象範囲: ユーティリティ, アプリケーションスイート: GNU, 取り扱い対象: ソースコード

その他の make 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

make のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 332.8 kB1,296.0 kB [ファイル一覧]
arm64 324.8 kB1,292.0 kB [ファイル一覧]
armel 319.8 kB1,270.0 kB [ファイル一覧]
armhf 319.8 kB1,218.0 kB [ファイル一覧]
i386 339.4 kB1,309.0 kB [ファイル一覧]
mips 323.3 kB1,305.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 323.6 kB1,321.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 324.4 kB1,305.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 340.4 kB1,396.0 kB [ファイル一覧]
s390x 325.1 kB1,312.0 kB [ファイル一覧]