すべてのオプション
stretch  ] [  buster  ] [  bullseye  ] [  bookworm  ] [  sid  ]
[ ソース: pmccabe  ]

パッケージ: pmccabe (2.8-2)

pmccabe に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

pmccabe ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

C/C++ 向け McCabe スタイル関数複雑度および行数計数

Pmccabe は C および C++ ソースコードに対して McCabe スタイル循環的複雑度を 計算します。関数毎の複雑度はトラプルになりやすい点の推測やテスト難度の 見積りに使うことができます。

Pmccabe には anac と互換の非コメント行計数機能や、ソースコードからコメント のみを削除する 'decomment', 二つのソースツリーまたはファイル間の変更量を 計算するプログラム 'codechanges', ファイル名ではなく関数名で 'vi' を呼び出す 'vifn' が含まれます。

Pmccabe は C++ および cpp プリプロセッサを通った後の複雑度ではなく、 見たままの複雑度の計算を試みます。このため、Pmccabe は中括弧の不一致を 引き起す cpp constructs により混乱させられてしまいます。これらのほとんどは プリティプリンターを混乱させないように書き換えてもむしろためになるでしょう。 Pmccabe は、パーサーが混乱した場合は標準的なツールで閲覧できるように C コンパイラスタイルのエラーメッセージを出力します。

二種類の循環的複雑度を生成します。一つ目は各 switch() 文をいくつの case が含まれるかに関わらず計数し、もう一つのより伝統的な尺度では switch() 文内の各 case を計数します。Pmccabe は各関数の開始行、関数の消費する行数、 関数内の C ステートメント数も計算します。

タグ: ソフトウェア開発: C での開発, C++ での開発, ライブラリ, devel::testing-qa, implemented-in::c, ユーザインタフェース: コマンドライン, 役割: role::devel-lib, role::program, 対象範囲: ユーティリティ, 取り扱い対象: ソースコード

その他の pmccabe 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

pmccabe のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 31.4 kB90.0 kB [ファイル一覧]
arm64 30.5 kB82.0 kB [ファイル一覧]
armel 32.5 kB84.0 kB [ファイル一覧]
armhf 31.3 kB69.0 kB [ファイル一覧]
i386 30.8 kB88.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 31.0 kB88.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 30.7 kB83.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 34.1 kB166.0 kB [ファイル一覧]
s390x 29.7 kB82.0 kB [ファイル一覧]