すべてのオプション
stretch  ] [  buster  ] [  bullseye  ] [  bookworm  ] [  sid  ]
[ ソース: expat  ]

パッケージ: libexpat1-dev (2.2.10-2+deb11u3)

libexpat1-dev に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

expat ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

XML パース用 C ライブラリ - 開発キット

本パッケージには、XML パース用 C ライブラリである expat のヘッダファイルお よび開発用ライブラリが含まれます。expat はストリーム指向の XML パーサです。 パース開始前にこのパーサにハンドラを登録して利用します。このハンドラは、 パースする文書内に対応する構造が見つかったときに呼び出されます。例えば開始 タグといった構造に対してハンドラを登録します。

タグ: ソフトウェア開発: ライブラリ, 実装言語: C, 役割: role::devel-lib, works-with-format::xml

その他の libexpat1-dev 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

libexpat1-dev のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 138.1 kB856.0 kB [ファイル一覧]
arm64 124.6 kB603.0 kB [ファイル一覧]
armel 117.7 kB539.0 kB [ファイル一覧]
armhf 122.7 kB475.0 kB [ファイル一覧]
i386 145.3 kB734.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 139.6 kB1,062.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 137.4 kB734.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 134.9 kB758.0 kB [ファイル一覧]
s390x 133.4 kB924.0 kB [ファイル一覧]